物件そのものに原因があって売れないケースの対処法

売り出し中のマンションで内覧はたくさんあるのだけど、なかなか売れないという場合、考えられるのは物件そのものに問題があるケースでしょう。 こういったケースで対処が可能な箇所は、当然物件内(部屋の中)に限られます。 つまり内装や設備などに問題があることがほとんどだといえるわけです。

マンション売却で売れない理由 当て馬物件になっている?

クリーニングは必須

リフォームをしていなくても、売れる物件ももちろんあります。 ただしリフォームなしでのマンション売却では、プロのクリーニング業者によるクリーニングは必須と考えてください。

内覧希望者は中古物件の購入希望者だけとは限りません。本当は新築が欲しいけれど、予算的に中古物件を見てみようという内覧希望者も多くいます。新築より割安とはいえ大金を払って購入するわけですから、出来る限り新築に近い状態であることを期待しています。 その需要に応えるための最低限の方法がクリーニングだといえます。

ある程度お金がかかってもリフォームはしておくべき

売り主からしてみれば大事に住んでいた物件だし、内装の汚れや傷などもそれほど目立たない。できるなら補修などにお金はつかいたくないし、媒介契約の際、不動産業者に対して「リフォームしなくても売れるのでは?」と相談することも多いでしょ う。

不動産業者としては、リフォームをしてから売却でも、リフォームなしで売却でも手元に入ってくる仲介手数料にはそれほど違いはありませんから、「大丈夫です!リ フォームしなくても売れます。」などと対応してしまう場合が多いです。 業者も大丈夫といったから、とリフォームなしで売りに出してなかなか売れないというケースも多くあります。

壁紙・床面、トイレ・洗面台などは標準的なタイプで

壁紙、床面などはリフォーム必須だといえます。どんなインテリアでも合わせやすい白系の壁紙、ナチュラル系の床面など、買い手を選ばず売りやすいものであれば充分です。

トイレや洗面台などもデザインはできるだけ標準的なもので、質感の高いものが買い手にも好印象を与えます。 大規模で凝ったリフォームまでは必要ありません、新品であることが重要なのです。

キッチン周りはあえてそのままにする

ファミリータイプの物件の場合では、キッチン周りは奥様の趣味や好みであったほうが売りやすくなります。しかし趣味や好みは万人向けというわけにいかない部分でもあり、せっかくお金をかけれリフォームしてもうまくいくことのほうが少ないといえます。

キッチン周りに関しては、あえてそのままにして、買い主が好みどおりに仕上げるという形にし、その分価格を抑えて売り出したほうが売りやすい傾向にあります。

リフォームしても買取よりはお得

こういったリフォームであれば、物件の大きさにもよりますが100万円~数百万円程度で施工できるはずです。数百万円というと単体では大きな金額ですが、仮に売れなくて業者に直接買取ってもらう場合には、およそ6割~7割の価格となってしまうわけですから、希望価格での仲介による売却であれば、この分を差し引いても損益は小さく抑えられます。

入居中のまま売るか、新居に転居してから売るか?

新居に転居するタイミングによっては、入居中のまま売らなければならない場合もあります。

入居中のまま売る場合には、内覧OKという条件としておくことが必須ですが、内覧の際には部屋をしっかりと整理整頓しておくべきであることはいうまでもありません。転居して部屋を空っぽにしてから内覧してもらうよりも、かえって粗が目立ち難く売れやすい場合もありますが、生活感がありすぎて売れ難い場合もあります。

また、この場合にはリフォームはなしで売ることになりますので、立地条件などの点で需要が高い物件向きだといえます。

転居してから売る場合には、反対に部屋が空っぽになっていることで粗が目立ちやすいことが売り難い原因となることもあり、この場合には上記のようなリフォームが有効となってきます。購入時の状態での売り出しとなるわけですから、物件の状態がわかりやすく売りやすいともいえます。

入居中のまま売るか?転居してから売るか?については、このように一長一短。 売却のタイミングによっては選べないケースもありますが、 この点についてはとても悩めるところですね。